LOVE VOYAGER TOUR




いってきたよ!

5/29(日) エミフルMASAKI エミモール1階 グリーンコート


いざ愛媛へ!

広島からの続きだった愛媛。
台風が近づいているという事で夜のうちに移動することに。

広島のフェリー乗り場でUSTREAMやって、、、(景色にまぎれながら、笑)
そして船旅へ出発!



船旅ほど楽しいものはない!と思いませんか。
酔いさえしなければ。ね。笑。

このフェリー広いし綺麗!!中の席でもいいですが、外にカウチとテーブルがあったので、そちらでテイクアウトした広島焼きをぺろり。
夜の海なので、灯りだけが景色。
いくつか島のような、岸のような、灯りを近くに見ながら、船にゆられてどんぶらこ。松山港へ向かいます。



所要時間は約二時間ちょっとで、松山港に到着!
すぐさま市内行きのバスに乗り込みまして、降りたらそこは夜の松山市内でした。
静かな駅前に、それでもちょっとハイになる。でも、とりあえず今夜はお休み。

.......

そして、、、おはよう!!しゃき!!次の朝。



まずは路面電車で、駅に向かうよ。
。。。え!?ぼっちゃん列車ってなに?それ乗りたい!!

とダダをこねてみるも叶わず。

ちなみにぼっちゃん列車とは。

伊予鉄道開業から間も無い頃(明治21年)から67年間にわたり活躍した蒸気機関車がモデルとなっていて、復元された今もなお観光客のみなさんから大人気の列車だそうな。夏目漱石の「坊っちゃん」の登場人物が乗ったところからこの名前になったという超レトロな列車!もし愛媛にくるなら、時間をうまく調べて乗れるといいですね。

くう。

で、悔しいので。。。



道後温泉に行きたいとわめいてみるも、またも叶わず。

ポスター見つけたんで、のれんくぐっときました。
女将さーん。一晩泊めとくれ。。。



気をとりなおして!
伊予鉄道の松山市駅から電車に乗り込みます!あっちこっちが蜜柑色。
なんということでしょう。色の効果?ふるさと愛の効果?
すごいハッピーになる。

しかも改札めっちゃハイテクでした。



なんともほっこりする車両。たまりません。
最近、このラブボイツアーのおかげで鉄道フェチ達の気持が少しわかるようになってきました。
ローカル線って、他にはない、ここだけの地元だけの時間が流れてる。
それがまたたまらなくイイ。
ただし、ホームで地元の人に「電車と写真とってください」とお願いしたら気味悪がって断られました。笑。
ギター×サングラスの女はダメ。。。?




そしてついたは「こいずみ」駅!

一緒に降りた高校生のカップルが、ふたりで仲良く傘をさしてあるいてく。
ショッピングモールでデートなんだね。と微笑ましくその背中を追う。



ショッピングモールでのライブは大盛況!
家族連れの皆さんや、地元の皆さんがあたたかく迎えてくれて、立ち止まって手拍子してくれて。
なんだかとってもあたたかい雰囲気。
台風にも関わらず、愛媛ってムードがすごくイイ。やんわり、じんわりする感じ。
頂いた拍手に温度がありました。



見に来てくれたお客さん達と一緒に。ナイスセンユウ。
長らく待っていてくれてありがとう。ピンバッヂもご協力ほんとにありがとう。

この中には、高知から駆けつけてくれたチーム中土佐町の方々も。
ライブの合間に楽屋でお話させてもらって、来る高知公演の打ち合わせもさせて頂きました。





ここで愛媛の伝統工芸品をご紹介!

まず左。色鮮やかな手まりは、姫手鞠といって松山市に古くから伝わる伝統工芸品。江戸時代の女の子の遊び道具だったそうです。明治に入ってからゴム手まりが主流とはなったものの、今でも手作りで職人さんのイメージでデザインや表情がかわる姫手鞠は外国人の方にも大人気だそうです。

そして右は砥部焼。磁器創業以来230余年の歴史を持つ砥部町や松山市の一品だそうです。
これは白地に山吹色と赤茶色のなんとも発色のいいデザインになってるけど、
他には白い磁気に藍色の呉須も主流。なんとも高貴ですべすべ。。。。手にもってしゅりしゅりしたい。
愛媛の陶磁器は、楽山焼や水月焼など、そのお名前も美しいです。




でもって、かっこいいのがこの瓦!菊間町の菊間瓦。なんとその歴史700年とな。ひー、大先輩!

中央は、桐下駄。しょうじき下駄はわたしよく見に行ってるので、これだけモダンなデザインで全部アタリってのも珍しい。
愛媛県の指定伝統的特産品でもあるそうです。

そして最後は繭!愛媛県産の繭玉って、緑玉、黄金玉、白玉とか、いろいろあるの。
天蚕系統「愛媛(E08)」っていうのがいて、全国の他の系統に比べて、蚕でいる期間が長いんですと。
なので、繭の生産量も多くなるんですって。へええええええ!!!!
化粧水、繭玉をリッチに使ってパタパタしたいいい。愛媛美人の元なのか。



さて空港にて、じゃこ天にかじりつきながら、やはり見つけたポンジュースの看板。

あのですね。。。全国の皆さんが、愛媛には3つめのオレンジ色の蛇口があって、そこをひねるとポンジュースが出るらしいけどそれってほんと?って聞いてたんで、私が代わりにライブで聞いたんですけど。。。

愛媛のお客さん、ポカーンだったから、笑。

でもしらべたら、松山空港には期間限定でそんな蛇口も設置されるそうですよ!!
だから嘘ではないみたい(^^)
でもさすがに小学校で、みたいな話じゃないそうです(^^;)

おみかんもひとくち頂きました。



文学的な愛媛県。おいしい愛媛県。そしてやっぱり人がじんわり優しい愛媛県。

私の知り合いの愛媛出身者は、キーボーディスとの永井誠一郎さん。
ドリカムのツアーでご一緒して、USTREAMで一緒にセッションもさせてもらった。

けしてゴリゴリとTOO MUCHな表現はしない。けど、音楽に誠実でこちらの気持をいつも慮ってくれて、じんわりとやんわりと色っぽいプレイをされるお方です。
そんな永井さんのことも思い出しながら、お客さんの反応も感じながら、
じんわり、やんわりとした優しさのある県民性なんだなあと感じてました。

どう?愛媛の皆さん、合ってる?
また必ず来るね。で、いつかきっと道後温泉入って坊ちゃん列車も乗ってやる!!!!!笑。

またそのときまで。

いいふるさとだね。ありがとう。




またね!松山空港でバイバイ。

LOVE xx